Entries RSS Comments RSS

京都の店舗を移転する際に不用品回収を依頼した

京都で店舗を借りているビルが老朽化のため、閉鎖することになりました。
建物の一部にひびが入り、申し訳ないが早急に移転してほしいと持ち主から通告され、突然のことで驚きました。
本社と相談の上、片付けを急いでいましたが、古くなった応接セットやキャビネットなど、処理に困る物が多くなってしまったのです。
新しい移転先にもサイズが合いませんし、他の店舗でも必要ないと言われ、処分に困ってしまいます。
他店の店長から以前店舗の引っ越しをした時に、お世話になった不用品回収業者があり、近畿一円が営業エリアになっているので、京都でも対応してくれるのではないかと教えてもらいました。
問い合わせをしたところ、こちらの事情を汲んで、本日中にでも出張見積もりに応じられるという返事をもらいました。
30分後に何人かのスタッフが見え、査定してもらったのです。
当社のオフィス用品は古すぎますし、だいぶ傷んでいたので、買取は不可能でしたが、急な不用品回収に応じていただいてほっとしています。
産業廃棄物管理票も発酵できると聞き、良い所にお願いできたと思っています。
キャビネットや応接セットは大きくて重いですが、若い方がみんなで搬出してくださいました。
ビルのオーナーが、どうせ閉鎖するから傷がついても構わないよと声をかけたのですが、建物内に傷が付かないようにテープなどを貼り最大限の配慮していただいたと嬉しそうに話をしていました。
また、社内で不用品回収の必要がある場合はお願いしたいです。