Entries RSS Comments RSS

京都での不用品にまつわる回収費用が高めである件というと

京都では未知が碁盤の目のように綺麗に整っていて、上空写真で見た限りでは生前として通行もしやすいと思われるわけですが、実際に自動車で京都の街を走行した場合には、狭い路地がたくさん入り組んで走りづらさを感じることのほうが多いです。
しかも、一方通行などがいたるところに設定されているために、目的地まで近くても遠回りという必要もあったりして、不用品を回収する時には回収費用が少し高くなることもあるといわれます。
なぜかというと、小さな軽トラックで細い路地を縫うようにして走るために、大量の不用品が出た場合には、一台の軽トラックでは積みきれなくなってしまうため、二台必要になってきて、その分の代金がかさむというためなのです。
京都の人もその辺の事情は完全に了解済みですから、回収費用の高さも納得して支払いをしてくれますし、回収する側にとっては少し手間がかかっても買い取ったあとに値打ちものがある場合もあるため、お互い納得して不用品を回収できているのです。